青色っぽい春の夢を見ている。

アイドルのファンをやっている女子大生の夢町(20)が思ったことを書きます。

2016秋冬ドラマのヒロインに生まれ変わるなら?

私は今期(2016秋冬10~12月)ドラマを7本くらい観ていました。

月9のカインとアベルを見ながら、ふと私が呟いたツイートです。

これをきっかけに、私がどのヒロインに生まれ変わりたいかを考えてみようと思います。


〇梓さん(矢作梓)/カインとアベル倉科カナ

圧倒的ハイステータス月9ヒロイン。山田涼介と桐谷健太に挟まれるも、結局桐谷健太と結婚できちゃう梓。
山田涼介と桐谷健太に取り合いされたい…。いや、まずですよ、まず大企業の創業一家と結婚する展開にならないし、仮に、仮〜〜になっても、その先兄弟で取り合いにはならない。そもそも、取り合いになられたことすらない。悲しい。
普通の女がそう生きてる中、梓は、真面目なフリしてますが、よく見ると小悪魔的で姑息な手段で二人の男を惹き付けているわけです…しかもその顔面は山田涼介と桐谷健太…。
山田涼介は「梓〜は〜まやかしのLady〜灼熱のアジアの夜〜に〜」って歌ってくれるかもしれないし、桐谷健太は「梓〜の声が〜きき〜たくて〜」って歌ってくれるかもしれないわけです。歌わないと思うけど。ワンチャン歌ってくれるかもしれない。
女から見るとクソみたいな女だし、ちょっとずるい、ずるい女、そう、梓は真面目に見せかけて実はずるいというのがいやだ。
あとそんな立場、生まれ変わるには荷が重い。


○みくり(森山みくり)/逃げるは恥だが役に立つ新垣結衣

爆発的人気ドラマとなった逃げ恥の、お馴染みみくり!
ガッキーってどうしてああも可愛いのでしょうか?
ぶっ倒れてしまいそう。
私は平匡(星野源)が全ッ然タイプではないし、最初からずっと風見派として生きてますが、平匡も風見もどうでもいいんですほんとは。とにかくガッキーが可愛いから。暴れそう。ガッキー可愛いすぎて暴れそう。
ていうか暴れてる。
みくりに生まれ変わったら、お姉ちゃんのように慕える石田ゆり子がいるのも最高。お姉ちゃんガチャSランク*1に違いない。
でも、やっぱり家事はやだ。
せっかく可愛すぎるほど可愛く生まれたのなら、その可愛さを刀にして振り回して日本中を制覇したい。家に閉じこもってたくない。可愛さの暴力で男を仕留めていきたい。


○えっちゃん(河野悦子)/地味にスゴい!校閲ガール・河野悦子/石原さとみ

ガッキーのことガンガン可愛い可愛い言っといて、私が一番好きなのは石原さとみです。
石原さとみの顔面で、菅田将暉と付き合えて、後輩が本田翼。ほーーう、勝ち組がすぎる。
ファッションセンス抜群で、努力家で、ポジティブで、「大将いつもの!」が通じる行きつけのおでん屋があって、なんて理想的なんでしょうか…。
ただし、引きこもりクズの私には、あの生活を捌ける自信がないです。絶対にすぐ「はーブラックだわ。過労死する。やめよ」とか言って目指してたラッシーの門も叩かないうちに仕事やめてしまいそう。
でも菅田将暉とは付き合いたい。それは惜しい。そこだけがとても惜しい。


○あきちゃん(高野亜紀)/砂の塔~知りすぎた隣人~/菅野美穂

ごめんなさい、これは完全に生まれ変わりたくない。
いくら岩田剛典に「あきちゃん」と名前を呼ばれても、亜紀の隣にはどうしても旦那としてココリコ田中がいる。ちょーーーっと無理。いや、田中さんは田中さんとして面白いけど、あの旦那はやだ。
あと、普通に和樹(息子)がイケメンなので、和樹と付き合いたいと考えながらドラマを視聴してた私にとっては、和樹と付き合わせてくれ!!!って感じです。
いくら岩田剛典でも!そりゃ岩ちゃんはかっこいいけど、やめときます。


○奏子さま(和藤奏子)/IQ246/土屋太鳳

奏子の恋愛の模様はまったく描かれていませんが、織田裕二のそばで働くことができ、ディーンフジオカには「奏子さま!」と呼ばれる。羨ましい。奏子さま!…。
えっちゃん(河野悦子)までではないけど、奏子もなかなかのポジティブ選手で、明るくてナチュラルで、しかも土屋太鳳だから可愛い…。
いや、何よりも「奏子さま!」が羨ましすぎて無理です。みんなあれ言われてみたいと思ってないかな???
でも、あの状況だとほぼ確実に彼氏ができない…それは大問題である…。山田涼介と桐谷健太に挟まれたり、菅田将暉と付き合ったり、岩田剛典に好意を持たれたりできるのに、その選択肢がありながら、あえて「奏子さま!」を選ぶのはなかなかのハードルです私には。
奏子もやめときます。


ここまで考えて、私にはドラマのヒロインに生まれ変わるのは無理だとわかりました。

ただし、考える中でひとりだけ生まれ変わりたいとふと思い浮かんだ人がいます。


○ひかり(柴田ひかり)/カインとアベル山崎紘菜

ひかりは、山田涼介に片思いしてるのに山田涼介が全然振り向いてくれない同期のあの子です。
でも、昨日の最終回見ました!?!?山田涼介と結局遠距離でも付き合えることに!!!!しかもイルミネーションの中で「俺の嫌いなところある?」「星の数ほどあるよ」なんて会話しちゃって!!!!!(なんでこんなに興奮してるかについては最終回観てください)
ひかりはサブキャラではありますが、結局“月9の主役の隣”という、ほかのどの枠のドラマのヒロインよりも優れたステータスを手に入れたのです。今期ドラマのヒロインを差し置いて、一瞬でドラマ界のトップステータスを手にしたわけですよ。しかもひかりはめちゃくちゃ性格がいいし可愛いし仕事も頑張る。
うん、ひかりだ。ひかりがいい。ひかりにしよう。


しかし、今回自分に課したテーマは「生まれ変わりたいヒロイン」であり、サブキャラではない…。
いや確かにシンデレラストーリー的にひかりは落としたガラスの靴を月9の主役に拾ってもらえたわけで、結果的にヒロインの立場になり得たわけですが。


要するに、ドラマのヒロインに生まれ変わって、彼女たちの人生を捌くほどの力量が私には無かったというわけです。残念。

*1:日テレ系列「お兄ちゃん、ガチャ」というドラマがあります。